遺言相談│行政書士阿部オフィス

サイトマップ
男の離婚相談/阿部オフィス
相談予約

トップ │ 無料相談 │ 料金表 │ 業務案内 │  代表あいさつ │アクセス  │ 
行政書士阿部オフィスの3つの特徴
家族マネジメント支援の実績を生かした無料相談
遺言書作成3万円〜明確な費用
この先ずっとご家庭の法務顧問となります

遺言の目的は次の2点です。


 財産分配方法の指示
時間のあるうちに、財産をどのように分配するのが良いか考えておきましょう。相続が発生してから本人不在で財産の分配方法を取り決めるのは負担が大きいものです。
税金面では、減税の恩恵が最大限受けられるよう財産の分配方法を考えておきます。
人間関係を考慮して、円滑な財産の引き継ぎができるよう誰にどの財産を相続させるのか、それぞれの生活状況などを踏まえて考えておきます。
 財産目録の作成と相続関係図の作成
財産目録や相続関係図は、当事者が事前に準備をしておきましょう。相続が発生したときに、本人不在でこれらの資料収集をすることは大変困難です。
財産目録は、全ての財産を記載します。
これは、相続税課税の判定資料として、申告のときの資料として、税務署の手続きに必要です。
相続関係図は、本人の出生から今までの戸籍謄本を全て集めて添付しておきます。相続税の申告のときに税務署に提出するほか、本人名義の財産の処分や名義変更手続きのときに提出します。

行政書士阿部オフィスの特徴


家族マネジメント支援の実績
平成17年6月以降、家族マネジメント支援の業務を行い、相談実績は1万件弱となりました。
家族マネジメントの支援とは、遺言書、家族信託の作成、相続手続き、結婚相談所、再婚、離婚、面会交流、家族カウンセリングの業務です。
これら家族に関する支援で蓄積したノウハウに女性としての視点を加味したアドバイスが好評です。ご相談は無料です。
リーガルチェック付遺言書作成3万円〜
遺言の書き方は、法律で決められています。
これを無視した遺言書は無効になる恐れがあります。
行政書士阿部オフィスで作成すれば、法的に有効となるようリーガルチェックをしますので安心できます。
また、遺言書では対応できないご要望は、遺言信託(家族信託)のご提案をしております。
ご家庭の法務顧問
ご家庭の法務顧問として、この先ずっと、どのような場面でも包括的なサポートをお約束いたします。
遺言執行人への就任や相続が発生したときの手続きの他、死後の事務手続きの支援も行なっております。
迅速で円滑な手続きができるよう、弁護士・税理士・司法書士等とも連携しており必要に応じて手配致します。

遺言が必要な人


  実子のいる離婚経験者
例えばこんな事例が。。。
再婚後のご夫婦で築いた財産が前婚時の実子に相続されてしまうと心配されている方。
代々長男が自宅不動産を継いできたものの、別れた元妻が親権者となっている未成年の子が唯一の相続人である場合には、自宅不動産がその子のものとなってしまい、長男の兄弟姉妹が生まれ育った自宅不動産に寄ることもできなくなってしまう。
 子どものいないご夫婦
子どものいない夫婦の場合は、義理の両親や兄弟が法定相続人となるため、皆が親族の死という通常の精神状態ではない中で遺産分割協議をせねばならず、トラブルになりやすいのです。
 不動産をお持ちの方
相続税の大増税が始まりました。
基礎控除が切り下げられたことで、これまで相続税と無縁だった人も課税対象となります。特に、都市部を中心にご自宅などの不動産をお持ちであれば事前対策が大切です。
国税庁の調べでは、相続税が課税された財産の約6割が不動産です。

無料相談


相談は無料です。(60分の枠で設定しています。)
予約制となっておりますので、045-263-6562へお電話下さい。
予約電話:045-263-6562 予約受付:10:00〜18:00(月〜金)
相談時間:10:00〜20:00(日曜日及び月〜木)

電話・面談相談予約
最新情報
新着情報もっと見る

Mari Abe

Google+