業務案内

サイトマップ
遺言相談│行政書士阿部オフィス
予約電話

トップ │ 無料相談 │ 料金表 │ 業務案内 │  代表あいさつ │アクセス  │ 
業務案内
家族マネジメントの支援としてさまざまな業務をしています。
代表阿部マリは、家族マネジメントの支援として、遺言書、家族信託の作成、相続手続き、離婚、結婚相談所、再婚支援、面会交流、家族カウンセリングの業務をしております。
以下、それぞれの業務をご紹介します。
家族関係を守る遺言書作成が特徴です。
遺言書や家族信託の作成に関するご相談から、財産目録の作成、推定相続人の調査をして相続関係図の作成、完成した遺言書のチェックを行います。
また、公正証書にする場合には、当オフィスが公証人と事前の打ち合わせから作成のセッティングを行い、公正証書作成までサポートします。
 行政書士阿部オフィスの遺言相談

女性の視点を生かした離婚相談
離婚に関する法的なことや,実務的なこと、手続きの流れやどのような資料が必要なのかを踏まえて、解決のための選択肢とそれらにかかるコストなどの情報提供、離婚協議書の作成、弁護士との連携等、 最適な方法を包括的にサポートします。
 男の離婚相談
結婚を法的にサポートする結婚相談所です。
5万名を超えた登録会員の中からお相手を検索します。(日本結婚相談所連盟に加盟)
結婚契約書やプレナップの作成にも対応し、再婚に伴う問題解決やサポートにも力を入れています。
 結婚相談所ステップ 面会交流を通じて共同養育をしていくための子育て支援です。
別居や離婚をしても、親子であることに変わりはありません。
離れて住んでいても子育てを共同で行うための面会交流支援をしています。 近年では、ハーグ条約の批准や民法の改正などにより、面会交流が法的に認められています。
 一般社団法人びじっと  離婚と子ども問題支援センター
契約書作成3万円〜
各種契約書・合意書・示談書・結婚契約書・離婚協議書等さまざまな契約書作成に対応しております。
電子定款対応により4万円お得になります。
電子定款に対応しておりますので、ご自身で手続きされた場合と比較して、阿部オフィスに依頼しても1万円の手数料しかかかりません。
費用の目安(資本金の額により登録免許税は変わります。)  
@ 登録免許税    150,000円  
A 公証人手数料   50,000円  
B 阿部オフィス手数料50,000円
合計 250,000円  
※ 自分で手続きをした場合は収入印紙4万円が必要となるため240,000円
移行型と将来型があります。
任意後見契約とは、財産管理や身上監護の一部又は全部について代理権を付与する委任契約で、本人の判断能力が不十分になったら家庭裁判所に申し立てをして、家庭裁判所が任意後見監督人を選任したときから効力を生じます。 任意後見契約は公正証書で作成し、これを公証人が法務局で登記します。
(1)移行型
通常の委任契約(財産管理契約、事務委任契約)と任意後見契約を同時に締結します。本人の判断能力低下前は前者の委任契約で処理し、判断能力低下後は後者の任意後見契約に移行させます。
(2)将来型
将来、本人の判断能力が低下したときから任意後見契約を開始する方法です。
相続手続きは、死亡後10か月以内に完了させるスケジュールで動きましょう。阿部オフィスでは選べる2つのプラン「相続まるごとお任せパック」と「相続おてごろパック」で相続手続きを完了させます。
 行政書士阿部オフィスの「相続相談」
電話・面談相談予約
最新情報
新着情報もっと見る

Mari Abe

Google+