料金表

サイトマップ
遺言相談│行政書士阿部オフィス
予約電話

トップ │ 無料相談 │ 料金表 │ 業務案内 │  代表あいさつ │アクセス  │ 
料 金 表
遺言書作成3万3千円〜

(1)スタンダード遺言書作成プラン
遺言書の起案・アドバイスを行い、作成完了までサポートします。

(2)公正証書・自筆証書遺言書保管制度
遺言書を公正証書にするサポートや自筆証書遺言書保管制度を利用するためのサポートもしています。

(3)遺言執行者
遺言書にて阿部マリを遺言執行人に指定していただくこともできます。
遺言執行者としての報酬は、22万円+相続財産の0.2%です。
(+不動産登記1件3万3千円。)
なお、遺言執行者の報酬は、相続が発生してからのお支払になりますので、遺言書作成段階では不要です。 基本となるプランです。
遺言書の起案・アドバイスを行い、遺言書完成までサポート(※)します。
※サポートという表現について
遺言書は最終的に本人が作成するという形を取ることから、このような表現を使っています。
サポート内容 金額 項目説明

1.準備のための相談

2.遺言書の起案

3.アドバイス・作成指導

4.完成した遺言書のチェック
〇3万3千円:項目3つまで

〇5万5千円:項目6つまで

〇7万7千円:項目7つ以上
遺言書に記載する財産の項目の数で左記金額が変わります。
例えば、銀行の口座を記載する場合は、口座1つにつき1項目と数えます。
スタンダード遺言書作成プランに以下を加算します。
公証人との折衝・セッティング 3万3千円(税抜)
証人1名につき※         1万1千円(税抜)
※証人は2名必要です。(遺言者と利害関係が無く、成人している人)
証人はご自身で手配していただいても構いません。
阿部オフィスから証人を出す場合の費用を記載しています。
スタンダード遺言書作成プランに2万2千円を加算します。
遺言書保管にかかる調査、アドバイス、書類の整備などサポートします。
法務局に遺言書保管に行っていただくのはご本人です。
別途、法務局に支払う手数料3,900円が必要です。
阿部オフィスで作成した遺言書を変更する場合の手数料は5万5千円です。
遺言書保管のサポートや公正証書にする場合の公証人との折衝・セッティングを含みます。証人は含みません。
証人1名につき※         1万1千円(税抜)
※証人は2名必要です。(遺言者と利害関係が無く、成人している人)
証人はご自身で手配していただいても構いません。
阿部オフィスから証人を出す場合の費用を記載しています。
公証役場に支払う実費です。
上記サポートプランとは別に公証人にお支払いただく実費です。なお、公証人手数料の額は、政令で定められており全国一律です。
目的財産の額 手数料の額
100万円まで 5,000円
200万円まで 7,000円
500万円まで 11,000円
1000万円まで 17,000円
3000万円まで 23,000円
5000万円まで 29,000円
1億円まで 43,000円
全体の財産が1億円以下のときは、手数料が11,000円加算されます。
電話・面談相談予約
最新情報
新着情報もっと見る

Mari Abe

Google+