生前贈与

サイトマップ
遺言相談│行政書士阿部オフィス
予約電話

トップ │ 無料相談 │ 料金表 │ 業務案内 │  代表あいさつ │アクセス  │ 
生前贈与
生前贈与とは、生きているうちに財産を贈与として移転させ、相続税のかかる資産を圧縮することです。
財産をすべて贈与してしまえば、相続税はかかりません。しかし、そのかわりに贈与税が課税されてしまいます。そこで、贈与税の非課税枠を利用したり特例を利用して減税効果を高めます。


贈与税は、もらう人1人当たり年間110万円(基礎控除)まで贈与税がかかりません。
これを利用して、毎年贈与契約書(公証役場で確定日付をしておくとなおよし)を交わして、贈与を証明しながら財産を移転させていきます。
信託銀行の生前贈与を対象とする商品を利用する方法もあります。
ただし、相続開始前3年以内の相続人に対する贈与は相続財産として加算されるので注意が必要です。贈与を決めたら一日でも早く開始しておくとよいでしょう。


その他の減税のための特例は、相続税対策のページへ


暦年課税と相続時精算課税
暦年課税は、1年間に贈与で取得した財産額に課税されます。
相続時精算課税は、一定の要件を満たす場合に限り選択することができる制度です。贈与時にいったん贈与税を納税し、相続が発生したときに、贈与財産と相続財産を合算して相続税を計算し、納税済みの贈与税は控除して清算します。
電話・面談相談予約
最新情報
新着情報もっと見る

Mari Abe

Google+